「8月の誕生花」の記事一覧

8月31日の誕生花 花言葉 サルビア

8月の誕生花
サルビア

サルビアという名前は、ラテン語のサルビスからきていて、「健康」「安全」という意味を表しているようですが、これは薬用に使われるセージというサルビアの一種の薬草にちなんだものだと思われます。他のサルビアは全て観賞用で、園芸名では「ヒゴロモソウ」と呼ばれ、花びらだけでなく、がくの苞も全部赤いことから緋色の衣をまとったようだということで付けられた名前のようです。

8月30日の誕生花 花言葉 オニユリ

8月の誕生花
オニユリ

オニユリは、黄、オレンジ色の花びらに黒い斑点が目立ち、ぶら下がるように花を咲かせます。「テンガイユリ(天蓋百合)」という別名もこのぶら下がったように咲く花の姿から仏具の天蓋のようだ付けられたのではないかと言われています。ムカゴ(伸びるべき芽が伸びずに貯蔵養分を含んだ肥大組織)で増えるオニユリは繁殖力も強力。

8月29日の誕生花 花言葉 サルスベリ

8月の誕生花
サルスベリ

サルスベリは、木の樹皮がツルツルで、とてもなめらかな為「猿でもすべりそう」ということからこの名前が付けられたと言われています。この木は、とても綺麗な花を夏の終わりにかけて100日近く咲かせることから「百日紅」という別名もあるほどです。また、幹肌も美しく花の咲いていない時期のサルスベリもいいもので、床柱に使われることもあるほどです。

8月28日の誕生花 花言葉 ムクゲ

8月の誕生花
ムクゲ

ムクゲは、早朝に開花して夕方には萎んでしまいますが、次々と開花するので花期が長いように感じます。ハイビスカスの仲間で、フヨウ(芙蓉)とよく似ていますが、葉の形が楕円形や卵形をしているのがムクゲで、フヨウ(芙蓉)の葉は掌状で五角形から多角形をしています。韓国の国花とされています。

8月26日の誕生花 花言葉 センニチコウ

8月の誕生花
センニチコウ

センニチコウは、夏の日盛りにカサカサとした球花を咲かせ、その色鮮やかな色のままドライフラワーにすることの出来る愛敬のある花ですが、実はその可愛い花に見える部分は苞片で、実際の花は目立たないものです。和名の「千日紅」は、花期がとても長く、ドライにしても色が変わらないことから付けられたと言われています。

8月24日の誕生花 花言葉 キンセンカ

8月の誕生花
キンセンカ

キンセンカは、「金の盃」という意味ですが、仏花のイメージが強く、花言葉にも「悲嘆」「別離の悲しみ」など、悲しい響きのものが多いのもこの為だと言われています。また、古くはキンセンカの咲いている期間が長いことから、恋人への不変の愛と忍耐を象徴すると言われ、結婚式の花飾りや恋愛のお守りなどに使用されていたようです。

8月22日の誕生花 花言葉 ニゲラ

8月の誕生花
ニゲラ

ニゲラは、ラテン語の「黒い」という意味で、種が黒いことからきているようで、日本でも「クロタネソウ」と呼ばれてきました。また、英名のLove in a mist(ラブ・イン・ア・ミスト)「霧の中の恋」というロマンチックな呼び名から、花言葉の「当惑」ができたようです。

ページの先頭へ