flo-f3a-02お見舞いのお花のギフトを贈るとき、いちばん大切なことは「相手の立場で花を選ぶこと」気持ちが明るくなるような色合いで、散りにくく手入れが楽なこと、さらにお届けする場所も考えましょう。ご自宅に伺う場合は「花束」でも良いかもしれませんが、病院に届ける場合は花瓶のないことを考えて「アレンジメント」を選んだ方が良いでしょう。香りの強い花や縁起の悪いと言われる花にも注意が必要です。

お見舞いの花の一例

アレンジメント Sweet Box 「キャンディーイエロー」

明るくかわいいイメージのアレンジメントは、ビタミンカラーで見ているだけで元気がもらえそう。きっと「早く良くなってね」の優しい気持ちを届けてくれることでしょう♪

価格:4,320円(本体価格:4,000円)
送料:1,080円(税込)


そのまま飾れるブーケ「ラブリーピンク」

あんまり大袈裟にはしたくないけれど、花を贈って「早く元気になってね」の気持ちを届けたい!そんな時には、貰った方も箱から出すだけで手間いらずの「スタンディングブーケ」がオススメです。
その日のお勧めの花材で作ってもらえます。

価格:4,104円(本体価格:3,800円)
送料:1,080円(税込)

お見舞いの花について

体調に配慮しましょう

香りの強い花や花粉の散る花、花弁がハラハラと舞い散るような花は、お見舞いには向いていないと言えるでしょう。健康な時には良い香りと思える花でも、体調のよくない時には不快に感じることも少なくありません。また、花粉が衣服に付いてしまったり、花弁が散って周囲を汚してしまったり、思わぬアクシデントを招いてしまうこともあります。病院などの公共の場所へお見舞いの花を届ける場合は、特に注意が必要でしょう。

縁起がよくないとされる花は?

【昔から「縁起がよくないから、お見舞いの花には向いていない」とされる花】

  • 鉢植えの花・・・根が付いているので、「寝付く」=「病が長引いてしまうこと」を連想させてしまう
  • 椿のような花首からポトっと落ちる花・・・綺麗なまま突然花が落ちるので、不吉なイメージがある
  • 下向きに咲く花・・・首が下を向き、元気のないように見える様子から不吉なイメージがある
  • 和風の輪菊・・・葬儀に使われることが多いので、日本ではどうしても「仏事」を連想させてしまう
  • 白と青や紫などの寒色系だけしか使われていない花・・・やはり「仏事」を連想させてしまう
  • 赤い花・・・「赤」という色は元気そうに思われますが、「血の色」を連想させることもあるようです

※花の名前に注意・・・「シクラメン」や「シネラリア」など「死」や「苦」を意識させる花の名前は、やはり不吉なイメージがあるのでお見舞いには避けた方が良いでしょう。

お見舞いの花をお届けるタイミング

お見舞いの花をお届けになる時は、そのタイミングにも注意しましょう。例えば、入院直後や手術直後のようなご本人もご家族も大変な思いをしている時はちょっと待って、体調が落ち着き、回復に向われているころお届けになるのが良いでしょう。そういえば、お見舞いの花のご依頼で、病院に病室確認の電話をした時に、「すでに回復して退院されています」と言われて、お花は急遽ご自宅へ配送・・・なんてこともあったけど・・・^^;