スノードロップ ヒガンバナ科マツユキソウ属

スノードロップ ヒガンバナ科マツユキソウ属 多年草

2月の誕生花 スノードロップ

スノードロップは、2月から3月に開花し、初夏には休眠期に入って葉が枯れます。スコットランドでは、お正月が来る前にこの花を見つけたら、翌年の幸せが約束されるといわれているそうです。


また、ヨーロッパでは雪の残る早春の山野に、他の花に先がけて花を咲かせるというので、「雪のしずく」とか「雪の花」と呼ばれているようです。

英名 Snowdrop(スノードロップ)
別名 ガランサス、ユキノハナ、待雪草
原産地 フランス~コーカサス山脈
大きさ 草丈10~30cm
花色 純白
葉の形状 線状
花言葉 希望、恋の最初のまなざし
開花期 2~3月
最盛期 2~3月
入手できる時期 2~3月、9~10月(球根)
花持ち 5~10日程度
用途 鉢植え、庭植え
スノードロップ スノードロップ ヒガンバナ科マツユキソウ属
スノードロップ ヒガンバナ科マツユキソウ属 スノードロップ ヒガンバナ科マツユキソウ属

誕生花とは・・・

誕生花は1月から12月までの月ごとに分けられている「誕生月の花」と、1年366日の日にち別に分けられている「誕生日の花」とがありますが、そのほとんどはその月、その日にちなんだ草花や木々が数種類選ばれています。
また、誕生花は国や地域、宗教によっても違いがありますし、古くからの言い伝えによるもの、たんに花を普及させる目的で決められたもの・・・と、さまざまです。


こちらでは、各月の誕生花と花言葉、花の特徴などをご紹介していますが、全ての誕生花を掲載することはとても難しいので、花屋さんで売られている身近な誕生花を中心にしました。花選びの参考に・・・♪