キンギョソウ

キンギョソウ ゴマノハグサ科キンギョソウ属の多年草

12月1日の誕生花 キンギョソウ

ギリシャ語で「アンテリウム」という意味の名のキンギョソウは「鼻のような」ということです。英名は「スナップドラゴン」つまり「龍の口」です。日本では「金魚」ですが、花市場などでは「スナップ」といえば「キンギョソウ」のことです。


キンギョソウは、国によってずいぶん感じ方が違う花ですが、ドイツでは強い匂いで悪魔を追い払うと言われていたそうです。花言葉には「推測ではやはりNOです」というユニークなものがありますが、これは花の形が仮面にも似ているといわれていることから生まれたと言われています。

英名 Snapdragon(スナップドラゴン)
別名 スナップ、アンテリウム、金魚草
原産地 地中海沿岸、南欧、北アメリカ
大きさ 草丈20cmから100cm
花色 赤、ピンク、黄、オレンジ、白、紫
葉の形状 下葉は対生、上葉は互生
花言葉 推測ではやはりNOです、でしゃばり、清純な心
開花期 10月から4,5月
最盛期 4月から6月 10月から11月
入手できる時期 4月から6月 10月から11月
花持ち 一週間程度
用途 鉢植え