オトギリソウ

オトギリソウ オトギリソウ科 多年草

11月19日の誕生花 オトギリソウ

オトギリソウは、漢字表記では「弟切草」とされ、鷹匠である兄がこの草からできる傷薬を使っていたが、その薬の秘密を弟が漏らしてしまい、兄が怒って斬り殺したという話が元となっている。また、この草の葉にみられる小さな斑点が、その切られた弟の血しぶきを思わせるとも言われている。なので、この花の花言葉には「秘密」「うらみ」などが当てられている。

英名
別名 ヤクシソウ、タカノキズグスリ
原産地 朝鮮半島、中国、日本
大きさ 草丈、30cm~から60cm
花色
花言葉 秘密、うらみ
開花期 7月~8月
最盛期 7月
花持ち 1日程度
入手できる時期