ベニバナ

ベニバナ キク科ベニバナ(カルサムス)属 一年草

10月30日の誕生花 ベニバナ

ベニバナは、花から紅色の染料がとれたことから「紅花」という名が付けられたと言われています。日本では古くから親しまれ「万葉集」でも「末摘む花」という名で出ています。近年、ベニバナの実を使った食用油として広く知れ渡り、かわいい花はドライフラワーとして使われています。

英名 Safflower(サフラワー)
別名 クレノアイ、スエツムハナ
原産地 地中海沿岸、中央アジア
大きさ 40cm~130cmほど
花色 黄、オレンジ
葉の形状 楕円または広線形
花言葉 包容力、熱狂
開花期 7月~8月
花もち 一週間程度
最盛期 7月
入手できる時期 6月~9月
用途 園芸、ドライフラワー、食用