keitou-8.jpg

ケイトウ ヒユ科ケイトウ属 一年草

8月19日の誕生花 ケイトウ

ケイトウは、漢字で書くと「鶏頭」となりますが、ケイトウの花が雄鶏の赤いトサカに似ているところからこの名が付けられたといわれています。また、花言葉の「おしゃれ」「気取り屋」などという言葉もこんなところからきているものと思われます。また、中国でも「鶏冠」と呼ばれてます。

英名 Cockscomb(コックスコーム)
別名 カラアイ(唐藍)、サキワナゲイトウ、チャボゲイトウ、トサカゲイトウ、セロシア、クリスタータ
原産地 熱帯アジア、インド、アメリカ、アフリカ大陸
大きさ 草丈:20cmから100cm
花色 赤、ピンク、オレンジ、黄、白、他
花言葉 おしゃれ、博愛、奇妙、気取り屋、色あせぬ恋
開花期 5月から11月
最盛期 5月から6月
花持ち 5日から7日程度
入手できる時期 4月から10月
用途 切り花、鉢植え、庭植え