himawari-8.jpg

ヒマワリ キク科ヒマワリ属 一年草

8月17日の誕生花 ヒマワリ

ヒマワリは、コロンブスの新大陸発見後にヨーロッパに伝えられました。ペルーでは太陽信仰がとても盛んだったため、「ペルーの黄金の花」「インディアンの太陽」と呼ばれ、ヒマワリは神聖な花としてあがめられていたようです。

英名 Commonsunflower(コモン・サンフラワー)
別名 ヒグルマ(日車)、テンジクアオイ(天竺葵)、ニチリンソウ(日輪草)

原産地 北アメリカ
大きさ 20cmから300cm
花色 黄、オレンジ、茶
葉の形状ち 楕円形葉、互生
花言葉 いつわりの富、崇拝、あなたは素晴らしい、あなたを見つめる
開花期 周年
最盛期 6月から8月
花持ち 5日から7日程度
入手できる時期 周年(切り花)、10月から4月(種子)