ageratamu-7.jpg

アゲラタム キク科アゲラタム属 一年草

7月7日の誕生花 アゲラタム

アゲラタムとは、ギリシャ語の「不毛」という意味で、これはアゲラタムの花期が長いことからつけられた名前だと言われています。アゲラタムが日本に来たのは明治時代だと言われ、別名を「カッコウアザミ」と言います。

英名 Flossflower(フロスフラワー)
別名 カッコウアザミ、メキシカンアゲラタム
原産地 中米、西インド諸島
大きさ 草丈、20cmから7cm
花色 赤、ピンク、白、青、紫、他
花言葉 信頼、安楽
開花期 ほとんど周年
最盛期 4月から7月
入手できる時期 3月から9月
用途 鉢植え、花壇