kakitubata-7.jpg

カキツバタ アヤメ科アヤメ属 多年草

7月3日の誕生花 カキツバタ

カキツバタは、昔、花の汁を布にすりつけて染めたことから書付花といわれ、そこからカキツバタとなったと言われています。また、万葉集では、カキツバタに寄せて「なかなか来ない恋人を待つ心情」を詠まれた歌が多く、そこから待てば「幸運は必ず来る」という花言葉になったと言われています。

英名 Rabbitear Iris (ラビットイヤーアイリス)
別名 カツキ、カオヨバナ(貌好花)
原産地 日本、朝鮮、シベリア
大きさ 高さ50cmから70cm
花色 白、紫、他
葉の形状 2列し線状
花言葉 幸運は必ず来る
開花期 5月から6月
最盛期 5月
入手できる時期 2月から6月、10月から11月(苗)
花持ち 2日から3日程度
用途 切り花、鉢植え、庭植え