ka-ne-shon-5.jpg

カーネーション ナデシコ科ナデシコ属の多年草

5月10日の誕生花 カーネーション

カーネーションを「母の日」に贈ることが有名すが、「母の日」は、アメリカが発祥の地だといわれています。亡き母の命日にクリスチャンの女性が信者の人に白いカーネーションを配ったことが始まりだと言われていますが、その7年後に5月の第二日曜日を「母に捧げる祝日」として、子どもが母に感謝する日と決められたと言われています。


ピンクや赤のかわいいタイプが多かったカーネーションですが、最近では茶色や紫、グリーンなど大人っぽい雰囲気のカーネーションにも人気が集まっています。

英名 Carnation(カーネーション)
別名 アンジャベル、ジャコウナデシコ、オランダセキチク
原産地 不明(地中海沿岸)
大きさ 草丈40cmから100cm
花色 赤、ピンク、黄、オレンジ、白、緑、複色
葉の形状 互生し、本来上部で分枝
花言葉 神秘
赤 : 母の愛情
ピンク : あなたを熱愛します
黄 : 軽蔑
白 : 私の愛情は生きている
絞り : 愛の拒絶
開花期 周年(施設内栽培も含)
最盛期 4月から6月
入手できる時期 品種にもよりますが、周年
花持ち 1週間から4週間程度(鉢植えも含)
用途 切花、鉢植え