kodemari-4.jpg

コデマリ バラ科シモツケ属 落葉性低木

4月2日の誕生花 コデマリ

コデマリの漢字表記は、小手毬。垂れ下がった枝の上部に小花が丸く集まって咲く様子が、小さい手毬のようだということからこう呼ばれています。コデマリはとても花付きがよく、この花が咲くとまわりが明るくなるようだと愛され、各地で栽培が盛んになったようです。厳密にいうと違う科に属する花で、コデマリより大きいオオデマリという花もあります。

英名 Reeves spiraea(リーブススピレア)
別名 スズカケ(鈴懸)、テマリバナ
原産地 中国
大きさ 丈は、1mから2m
花色
葉の形状 披針形
花言葉 努力する、優雅、品位
開花期 4月から5月
最盛期 4月
入手できる時期 3月から5月
花持ち 2日から3日程度
用途 切り花、庭植え