matubagiku-4.jpg

マツバギク ツルナ科 半耐寒性宿根草

4月12日の誕生花 マツバギク

マツバギクは、ツルナ科の多肉植物類で、春から夏にかけてキクによく似た花を咲かせ、別名をサボテンギクともいいます。陽の光を受けて開花するので、日暮れとともに花を閉じてしまいますし、雨や曇りで日光が足りないときも花を開きません。挿し芽で十分増えますし、適度な光と水分があれば年々広がっていきます。

英名 Mesembryanthemum(メセンブリアンセマム)
別名 サボテンギク
原産地 南アフリカ
大きさ 10cmから20cm
花色 赤、ピンク、黄、オレンジ、白、他
葉の形状 松葉状の多肉の細長い葉
花言葉 惰性、無為
開花期 5月から7月
最盛期 6月
入手できる時期 4月から6月
用途 鉢植え、花壇、石垣、ロックガーデン