nanohana-3.jpg

ナノハナ アブラナ科アブラナ属 越年草

3月7日の誕生花 ナノハナ

ナノハナ(菜の花)は、早春の息吹を感じさせてくれるようなすがすがしい花ですが、花を楽しむだけでなく、旬の時期にはサラダや辛子合えにする食材として、蕾を八百屋さんでも入手できます。菜の花を塩漬けにした「菜の花漬け」は京都の名物です。その美しさから「黄金菜」ともいわれています。

英名 Field mustard(フィールドマスタード)
別名 ナタネナ、ナバナ(菜花)、ハナナ(花菜)、アブラナ(油菜)
原産地 南ヨーロッパ、東アジア
大きさ 草丈60cmから80cm
花色 黄色、オレンジ
葉の形状 縮れ葉か丸葉が密生、互生
花言葉 快活さ
開花期 12月から5月
最盛期 2月から3月
入手できる時期 12月から4月
花持ち 5日から7日程度
用途 切り花、鉢植え、庭植え