hinagesi-3.jpg

ヒナゲシ ケシ科秋まき一年草

3月19日の誕生花 ヒナゲシ

よく小さなものの例えとして、「ケシの粒」のようだと言われますが、種はとても小さいのですが、発芽能力はとても高く、逆に移植などは嫌う傾向にあるので、直蒔きをして育てていきます。


ポピーの中でも最も普通に栽培されるヒナゲシは、小麦と共に広がり、ヨーロッパでは小麦畑の雑草とされていました。野生のヒナゲシは赤一色ですが、園芸品種のポピーになると花色も豊富で、八重咲きのものもあります。

英名 Corn poppy(コーン ポピー)
別名 ポピー、グビジンソウ(虞美人草)
原産地 ヨーロッパ中部
大きさ 草丈50cmから80cm
花色 ヒナゲシは赤。ポピーは橙、白、黄、ピンクなど色々
葉の形状 根生、羽状
花言葉 慰め、感謝
開花期 5月から7月
最盛期 5月
入手できる時期 5月から7月
花持ち 3日から5日程度
用途 花壇、鉢植え、切花