baimo-2.jpg

バイモ ユリ科バイモ属 球根植物

2月7日の誕生花 バイモ

バイモは江戸時代に中国から薬用植物として渡来し、野生化して各地に広まりましたが、上品で落ち着いた雰囲気があり、現在は茶花など主に観賞用の花として人気があります。


また、バイモは、茎の上部の葉腋に約2から3cmの花をひとつ咲かせます。花びらの内側に網目模様が入り多くは葉先が巻きひげ状にカールします。「貝母」という名前は、バイモの球根がニマイガイに似ていることからつけられました。

英名 Fritilaria thunbergii
英名 Fritillaria Bulb
別名 アミガサユリ(編笠百合)
原産地 中国
花色 淡い緑
花言葉 凛とした姿、謙虚な心
開花期 3月から4月
最盛期 3月
入手できる時期 3月から5月
用途 庭植え、鉢植え、切り花