sinbiju-mu-2.jpg

シンビジウム ラン科シュンラン属の多年草

2月28日の誕生花 シンビジウム

蕾の形が舟に似ている「シンビジウム」は、ギリシャ語のキムベ(舟)とエイドス(形)という言葉が合わさってできたそうです。いくつかの原種をもとに複雑に交雑され、たくさんの品種が生まれていて、その数は一年間に数百種類に及ぶと言われています。淡い花色が多いことから「飾らない心」という花言葉が生まれたようです。


普通、植物の根は空気にさらされてしまうと枯れてしまうものですが、シンビジウムの根はとても太く丈夫で、空中でも平気です。実は細い根の周囲を海綿状の組織が包んでいて、これが乾燥を防ぎさらに空中の水分をも吸収して、根まで届ける仕組みになっています。

英名 Cymbidium(シンビジウム)
別名 美花蘭
原産地 インドシナ半島アンナンの高地
大きさ 草丈20cmから150cm
花色 紫紅色から白、黄、ピンクなど
葉の形状 束生、長さ50から90cm、線形
花言葉 ピュアなハート、素朴
開花期 周年
最盛期 12月から5月
入手できる時期 周年
花持ち 1から2ヶ月程度
用途 鉢植え、切花