anemone-2.jpg

アネモネ キンポウゲ科アネモネ属の多年草

2月2日の誕生花 アネモネ

「期待」「待望」という花言葉とは別に「はかない恋」「恋の苦しみ」といった花言葉をもつアネモネ。一重咲きで色鮮やかな花色が好まれています。花を咲かせる心やさしい風の神ゼフュルスは、花の女神フローラの侍女アネモネを愛していましたが、自分が愛されていると勘違いしていたフローラが、怒ってアネモネを追放してしまいました。風の神ゼフュルスは、フローラとの平和を保つため、しかたなくアネモネを花の姿に変えたといいます。


アネモネの切り花向け品種では、大輪一重咲きが特徴の「モナリザ」が有名です。

英名 Lily of field(リリー・オブ・フィールド)
別名 紅花翁草(ベニバナオキナグサ)牡丹一華(ボタンイチゲ)
原産地 地中海沿岸
大きさ 草丈30cmから50cm
花色 赤、ピンク、青、白、紫、他
葉の形状 根出葉
花言葉 期待、待望
開花期 3月から5月
最盛期 4月
入手できる時期 2月から4月
花持ち 4から5日程度
用途 鉢植え、庭植え