sakurasou-2.jpg

サクラソウ サクラソウ科サクラソウ属 多年草

2月16日の誕生花 サクラソウ

サクラソウの英名「プリムローズ」は、ギリシャ神話では花の女神フローラの息子パラリンスのことです。パラリンスはとても美しい青年でしたが、失恋を苦にしてやつれ、やがて死んでしまいます。フローラは、そんな我が子を不憫に思い、春一番に咲くサクラソウの花の姿に変えたといわれています。


春早くに咲くサクラソウには、「青春」「若者」「初恋」など、どれも初々しい花言葉が付けられていますが、他にも「希望」「青春の始まりと悲しみ」といった花言葉もあります。

英名 Primrose(プリムローズ)
別名 ニホンサクラソウ
原産地 日本、朝鮮半島、中国
大きさ 草丈15cmから20cm
花色 淡紅、ピンク、紅紫、白
葉の形状 多数混生、長さ4cmから10cm、白長毛が多い
花言葉 青春、若者、初恋
開花期 4月から5月
入手できる時期 「セイヨウサクラソウ」は12月から5月
用途 「セイヨウサクラソウ」は鉢植え、花壇など