zeraniumu-1.jpg

ゼラニウム フウロソウ科テンジクアオイ属 多年草

1月26日の誕生花 ゼラニウム

ゼラニウムが、日本に入ってきたのは江戸時代末期だといわれています。ゼラニウムの香りは品種によって「バラ」「レモン」「リンゴ」「ハッカ」など、さまざまな香りがしますが、一般的に葉にはちょっと嫌な香りがあるので、イギリスでは「室内でゼラニウムの葉は切りたくない」といわれているようです。


ゼラニウムは、葉の形がアオイに似ていたことから、「テンジクアオイ」といわれていました。鉢花として人気のあるのは、ミニゼラニウムです。

英名 Fishgeranium(フィッシュゼラニウム)
別名 ぺラルゴニウム、モンテンジクアオイ
原産地 南アフリカ
大きさ 草丈30cmから50cm
花色 赤、ピンク、白、複色、他
葉の形状 長柄、心臓状円形
花言葉 愛情
開花期 5月から9月
最盛期 5月から9月
入手できる時期 周年
花持ち 3日から5日程度
用途 鉢植え、花壇