airanndopopi-1.jpg

アイスランドポピー ケシ科ケシ属 多年草(園芸上は一年草)

1月23日の誕生花 アイスランドポピー

アイスランドポピーは、日本で栽培されるポピー類のひとつで、早春から色鮮やかな大輪の4弁花を開きます。本来は宿根草ですが、暑さに弱いので園芸上は一年草として扱います。


アイスランドポピーは、大きくなると移植が困難になるので、直まきかポットまきにして根を痛めないように注意が必要です。蕾がほころび始め、花びらが少しのぞいたら、翌日には開花します。

英名 Iceland poppy(アイスランドポピー)
別名 シベリアヒナゲシ
原産地 北アメリカやユーラシアの亜北極圏
大きさ 草丈30cmくらい
花色 白、桃、赤、黄、オレンジ、他
特長 花茎と萼片に短毛があり、蕾は長楕円形で、下を向いているが、開花すると上を向く。
花言葉 慰め
開花期 3月から5月
最盛期 4月
入手できる時期 3月から5月
花持ち 3日から5日程度
用途 切り花、花壇、鉢植え、庭植え