boke-1.jpg

ボケ バラ科ボケ属の落葉低木

1月21日の誕生花 ボケ

ボケは、平安時代に中国から日本に入ってきたと言われています。日本にも自生していたものがありますが、「クサボケ(しどみ)」だけで、中国原産の「カラボケ」「ヒボケ」と言われているものではなく、色も赤ではなくオレンジ色に近く、あまり美しいものではありませんでした。。


ボケは果実がウリに似ているので、「木瓜」と書いてボケと読みますが、昔は「モケ」と読んでいたようです。あまり大きくなる木ではないので、狭い庭に向いていることから、花言葉は「平凡」とついたようです。

英名 Japanese quince(ジャパニーズクインス)
別名 カラボケ、カンボケ、チョウションボケ
原産地 中国
大きさ 草丈1mから2m
花色 淡色花(ヒボケ)、白(シロボケ)、紅白で雑色(サラサボケ)
葉の形状 肉厚で線形や帯形
花言葉 平凡、早熟
開花期 2月から4月
最盛期 3月から4月
入手できる時期 1月から4月
花持ち 5から7日程度
用途 切り花、庭植え、盆栽